設備紹介

センターラボ京葉の設備機器ラインナップ

千葉の歯科技工所「センターラボ京葉」にて導入している設備機器の一部をご紹介します。「本物以上のリアル」を求めて高精度な補綴物を作製するために、最新機器を取りそろえて対応しています。

クリスタルアイ

クリスタルアイ

歯の色を正確に診断する補綴などのための歯科用光工学測色装置「クリスタルアイ」を導入しています。従来はそれぞれ異なる光源で歯牙を観察していたため、色認識の違いによって作製された補綴物にも違いが生じていました。

クリスタルアイ

クリスタルアイを導入すれば、外光を完全に遮断した患者様の口腔内撮影と、同様の環境下での補綴物作製が可能になります。7バンドLED光源を用いたスペクトル推定方式により、シェードガイドによる目視が不要になり、正確かつ微妙な色判定と色情報の伝達が可能となりました。さらに従来のような撮影時の複雑な機器設定が不要で、術者1人での簡単かつ正確な撮影が可能になります。

当社で導入しているクリスタルアイは貸出可能です。ご希望の歯科医院様はお気軽にお問い合わせください。

ゼノ・テックCAD/CAMシステム

ゼノ・テックCAD/CAMシステム

スキャニング誤差が15μm以下という高性能なスキャナや、腕時計や装飾品などの工業界より生まれた精密なミリングマシーンなどの高技術機器を搭載したCAD/CAMシステムです。ジルコニア焼成時の収縮による歪みを最小限に抑える独自の機能も搭載し、収縮誤差が起こりやすいフレームであってもしっかりと適合します。

ゼノ・テックCAD/CAMシステム

治療の適用範囲が広くさまざまな大きさのフレームを製造でき、ジルコニア、チタン、コバルトクロム、硬質レジンなど、さまざまな歯科素材の補綴物作製が可能です。さらに、ストローマン、リプレイス、アストラ(4.5/5.0mmのみ)のインプラント用ジルコニア製カスタム・アバットメントも作製可能。ジルコニア製は金属製に比べて審美性や清掃性の高さに優れています。

「CIP法」で高密度化を実現

弊社では、約2トンの力で全方向から力を加えて固める「CIP法」によって作られたゼノテックシステムのジルコニアディスクを採用しています。ゼノテックシステムのジルコニアディスクの特長は以下の通りです。

  • ・フルジルコニアクラウンにも対応できるほど透過度が高い
  • ・カラー8種類・厚み5種類のバリエーションで、患者様に最適な技工物を提供できる
  • ・それぞれのディスクをバーコードによってトレース(追跡調査)できる

弊社ではディスク保管に際して室温・湿度を24時間管理。温度変化による数ミクロン単位のズレを防ぐために切削機器の温度・湿度管理まで徹底しています。

ストローマン CAD/CAMシステム

ストローマン CAD/CAMシステム

品質、柔軟性、効率性に優れたストローマンCAD/CAMシステム。高精度のコーピング、フルブリッジのフレームワーク、カスタムアバットメントなどの技工物が製作可能です。ジルコニアなどの素材を使い、審美性と生体親和性を備えた技工物をお作りします。

GCアドバCAD/CAMシステム

GCアドバCAD/CAMシステム

セラコープシステムは計測から設計までの作業が行え、インターネット回線を通じて設計データをGN-Iミリングマシーンを持つコアラボまたはジーシーCAD/CAM加工センターへ送信し、加工を代行してもらい補綴物を短期間で返送できるシステムです。

また利点として、初期投資を大きく抑えることができ、ブロックや加工バーなどの消耗品を持つ必要がありません。このシステムを利用することで、短時間でしかも品質の高い臨床を行うことができます。

ノーベルプロセラ・システム

ノーベルプロセラ・システム
ノーベルプロセラ・システム
©2011 Nobel Biocare

ノーベル・バイオケア社が展開するノーベルプロセラ・システムは、最新のCAD/CAM技術が搭載されたマシン。高精度の技工物をスピーディーに製作可能です。

DEKEMA AUSTROMAT3001

DEKEMA AUSTROMAT3001

レベルの高いセラミック焼成を可能にしたマシンです。モーター駆動によるプレス圧力は、0~約35kgの範囲で10段階の設定が可能。プレス圧力はパルス信号で常に監視されているため、正確に行われます。さらに、独自の入力コマンドによる焼成プログラムを99通り搭載。プログラムの連続や乾燥の詳細な設定など自由度の高いコントロールを実現し、イメージ通りの焼成を正確なスケジュールで実施します。

プログラマット EP5000

プログラマット EP5000

安全かつ的確なプレス/焼成を実現する設計がなされています。QTKマッフルテクノロジーの採用により、従来以上にムラのない熱放射が可能。IPF(インテリジェントプレスファンクション)搭載の新型プレスドライブによって優れた修復物をスピーディーに作製します。さらに、CDS(クラック検知システム)によって早期段階でクラックを検知、プレス工程をストップし、補綴物の破損を最小限に抑えます。