保険診療と自由診療の違い

多用な素材をそろえています

歯科治療には、保険治療と自費治療があります。千葉の歯科技工所「センターラボ京葉」では、保険素材・自費素材いずれにも対応し、幅広い補綴物を扱っています。歯科医院様からのご相談をお待ちしています。

保険治療

同様の治療であれば、どの歯科医院でも同一料金で受けられます。使用する素材などにも違いはなく、歯科治療の中でも基本的な治療が適用されます。より機能的でより審美的な治療を希望される患者様には、自費治療が適していることも多くあります。

治療の概要 応急処置であるため、時間の経過と共に取り替える必要がある
使用素材の例 レジン・・・摩耗するため、長持ちしにくい。また、吸水性が高いため飲食物などによって変色しやすい。
銀歯・・・金属アレルギーを引きこす可能性がある。

保険治療の素材は「費用をかけたくない」という方にはおすすめですが、入れ歯など技工物によっては口腔内に合わず、痛みを感じてしまう場合があります。

自費治療

歯科医院によって料金も使用する素材も異なります。より機能的かつ審美性の高い高度な治療を希望される患者様にはおすすめですが、保険治療に比べて料金が高額になります。「自費治療=高い」というイメージがありますが、治療後の快適な暮らしを考えると、決して不当に高いものとはいいきれません。

治療の概要 噛み心地も見た目も本物に近付けることができ、技工士の腕によっては本物以上にリアルな補綴物を作製できる。素材が選べるため、治療の選択の幅が広い。
使用素材の例 セラミック・・・金属を含まず、透明感があり、天然歯に合わせた色味の調整が可能。
純金・・・人体へのなじみがよく、歯肉の黒ずみなどが起きない。

詰め物・被せ物など、口腔内に入る補綴物の素材を決めるのは患者様ご自身です。患者様は、費用やライフスタイル、重視するポイントなどを踏まえて、歯科医師と相談しながら最適なものをお選びいただければと思います。