患者様に補綴物(歯)が付くまで

補綴物作製の流れ

千葉の歯科技工所「センターラボ京葉」にご依頼いただいてから、患者様の口腔内に補綴物が装着されるまでの流れを、セラミック製補綴物を例にご説明します。

1.印象採取
貴院にて、作製する補綴物に応じて患者様のお口の型を採っていただきます。

2.印象送付
シリコン印象剤などによる精密印象を、当社までお送りください。

3.スキャン/フレームデザイン
当社にて可綴式分割模型とワックスアップをスキャンし、フレームのデザインを行います。

4.フレーム切削
フレームデータをCAD/CAMセンターに送付し、セラミックなどを削り出します。

5.フレーム調整
削り出したフレームの内面を調整し、形態修正を行い、専用の陶材を盛り上げます。

6.歯科医院へ送付(納品)
完成した補綴物を、宅配便にて貴院へ送付します。

7.補綴物装着
患者様の口腔内に補綴物を装着していただきます。