歯科技工士とは

歯科技工士の役割

歯科技工士は、歯科技工物を作り患者様が失った歯を復元する専門家を指します。歯科医師の指示に従い、詰め物や被せ物(銀歯や白い歯)、入れ歯などの各種補綴物を作製します。

一般的な認知度は高くはありませんが、歯科技工士は国家資格であり、高度な精密技工技術と審美感覚が求められる医療技術者なのです。

高度な知識と技術で患者様の生活を支える

高度な知識と技術で患者様の生活を支える

歯科技工士に求められるのは、「患者様の生活に役立つ技工物を作る」ということです。噛み心地などの機能性はもちろん、高い審美性も満たした補綴物を作るには、確かな技術と幅広い歯科知識が必要です。普段は患者様と直接接することはありませんが、患者様のお悩みを解消するためには欠かせない存在なのです。

千葉の歯科技工所「センターラボ京葉」は、歯科医院様と患者様のご要望を正確に反映させた補綴物をご提供しています。セラミックをはじめさまざまな補綴物に対応し、「本物以上のリアル」を追求して日々邁進しています。