入れ歯

目立たず自然な入れ歯の種類

入れ歯には、保険治療のものから自費治療のものまでさまざまな種類があります。千葉の歯科技工所「センターラボ京葉」では、歯科医師との連携により、患者様のご要望に合わせたより快適な入れ歯を作製してお悩みの患者様を支えます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

従来の部分入れ歯では必須だった、金属のバネ(クラスプ)を使わずに固定できるタイプの入れ歯です。バネがないため支えとなる天然歯への負担がなく、そのうえ入れ歯をしていることが周囲からもわからない自然な見た目が特徴です。薄くて軽い着け心地で、装着時の違和感がありません。入れ歯の中でも特に審美性を重視する患者様におすすめです。

バルプラスト

バルプラスト

ルプラストを作製しています。バルプラストもノンクラスプデンチャー同様に金属のバネがなく、入れ歯であると周囲に気づかれにくいのが特長です。通常の入れ歯に比べて薄く、約2分の1の軽さであるため装着時の違和感がありません。さらに弾力性がある丈夫な素材で長期的に使用できます。

さらに、入れ歯のズレやガタつきが起こりにくいため、従来の入れ歯に不自由さを感じていた方には最適です。金属を使用しないため金属アレルギーも起こらず、安全です。

金属床義歯

金属床義歯

床部分(口腔内の粘膜に当たる部分)に金属を用いた入れ歯を金属床義歯といい、この部分にはさまざまな種類の金属が用いられます。金属は温度を伝えやすく、なおかつ薄く作製できるというメリットがあります。金属アレルギーをお持ちではなく、熱さや冷たさなど食べ物の温度をしっかり感じたいという方におすすめです。

コバルトクローム合金 金属床においてもっともポピュラーな歯科素材で、数多くの適応症例があります。強度と柔軟性に優れ、自然な装着感が特徴。合金であるため熱の伝導率はやや低めですが、保険治療のレジン製の入れ歯と比較するとはるかに快適な装着感です。
純チタン 安定した鋳造法の確立により、純チタンを安定的に加工できるようになりました。チタンは人体になじみやすく、軽量で硬度も高いことから補綴物素材として優れています。
金合金 金を主成分とした素材で、人体へのなじみやすさと加工のしやすさに優れています。ただし、治療費が比較的割高になるのが難点です。