インプラント

ハイレベルなインプラント治療を支えるために

ハイレベルなインプラント治療を支えるために

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を装着することで噛む機能を回復させる歯科治療です。最終的に装着する人工歯を「上部構造」と呼び、この上部構造の品質によってインプラントの機能性や審美性が大きく左右されます。

フィクスチャー(人工歯根)やアバットメント(連結支台)がしっかり固定されていても、上部構造の色や形、噛み合う歯とのバランスが整っていなければ自然な見た目や噛み心地は得られません。

セラミック製の美しい上部構造

インプラントの上部構造には、主にオールセラミックの人工歯を用います。噛み心地などの機能性はもちろん、色や透明感などの審美性も非常に優れているため、患者様に快適にお使いいただけます。インプラント治療の人工歯については、千葉の歯科技工所「センターラボ京葉」にお気軽にご相談ください。

インプラント相談窓口開設!どうぞお気軽にご相談ください。

AGC(ガルバノシステム)とは?

AGC(ガルバノシステム)とは?

AGC(ガルバノシステム)とは、被せ物の骨格となる金属フレームを電気の力で鋳造するシステムです。99.9%を人体になじみやすい純金で作製するため、アレルギーの発生リスクも低く、歯肉にもやさしいのが特徴です。

インプラント治療への適用

AGCの被せ物はインプラントの上部構造にも用いることができます。純金の黄色みを帯びた色調が人工歯の自然な色調を再現するのが特徴で、歯肉の黒ずみも起こりません。

なお当社では、ゼノ・テックCAD/CAMシステムにより、インプラント用のカスタム・アバットメントも作製できます。

ゼノ・テックCAD/CAMシステムの説明はこちら

AGCのメリット

高い審美性 ・ゴールドの黄色みを帯びた色調で、天然歯の自然な色味を再現できる
・他の金属素材のように歯肉が黒ずむことがない
身体への負担が軽い ・アレルギーを起こしにくい純金を使用するため、アレルギーリスクが低い
・人体になじみやすい純金を用いるため、負担が軽い
・プラークの沈着を減少させることができる
・歯を削る部分が少なく済む
治療のしやすさ ・インプラント治療以外にも、歯を削る量が少ない有髄歯(神経が生きている歯)の治療にも有効
・セメント合着が適用できるため、手間がかからない